So-net無料ブログ作成

アンディ・ラウの【墨攻】 [映画]

台湾公開初日 12月8日に見てきました【墨攻】
本日のタイトルですが 作品の質の良し悪しにかかわらず
一時期超多作だったアンディ・ラウの作品は 邦題がこんな感じだったと思います
『アンディ・ラウのスター伝説』とか『アンディ・ラウの逃避行』とか このような具合で

 

ということで ともかく【墨攻】です

 

ヒゲといい 頭に巻いてるタオル?といい・・・


ポスター アンディが渋いです 
これって 日本の漫画が原作なんですってね 歴史上のお話なんですって
べたですけど 『墨で攻めるの?』くらいにしか発想がわかなかったんですけど
中国・春秋戦国時代の墨子の『兼愛・非戦論』の思想の墨家のことなんですって
儒家と並ぶ勢いだったそうですけど 戦国末期には歴史の舞台から消えてしまったんですって
・・・ご存知でした?
私 忘れてました そういや歴史の授業で習ったような・・・って遠い過去を探ってみましたが

 

中国語字幕だし 故事成語というのでしょうか おそらく文語的な言葉などもたくさんあるし
実態をよく理解してない ってのもあるのでしょうか 
時に「ん?どうして?何してるの?」と ついてけてないところもありましたが
この映画の見どころは なんと言ってもアンディ・ラウであります
馬を走らせ草原を駆け抜けてくる アンディ扮する革離といったら もうかっこよかったです

 

あの時代にありがちな能無しの梁王を演じる 王志文の薄気味悪さもまた格別で
彼はいろんな作品で 印象的な演技をしてくれるので この映画でも納得の演技でした
「お!懐かしい・・・」の呉奇隆もなかなかおいしい役どころだったのではないでしょうか
安聖基(アン・ソンギ)は予想通り渋いですけど ここで出てくる必要があったのかしらー・・・

 

ぼろを着てもそれが一つのファッションに見える お髭のアンディのカッコよさが特筆の【墨攻】
(私にとって ですよ)
誰にでも勧められる映画ではないですが 少しでも興味のある方にはお勧めの映画でした

 


nice!(4)  コメント(14) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 14

とよっち

日本では、確か来年2月の公開です。
「10万の敵に一人で挑む」
先日予告を観てから、観たい映画上位にランクインです。
by とよっち (2006-12-11 20:00) 

param

アンディラウはずっとずっと人気者ですよね~。
いつまでも若い!
日本でも公開されるみたいなので出かけてみたいです^^。
王志文~懐かしい!北京で彼の映画&ドラマ見てました。
結構好きな俳優さんです。
by param (2006-12-11 20:26) 

hyangjig

わぉヽ(≧▽≦)ノ
初日に行かれたんですね~。
早く来い来い公開日♪
by hyangjig (2006-12-11 21:06) 

れいりん

あら、スキンがクリスマス仕様ですね!
「墨攻」歴史モノということで理解できるかどうかわからないけど
ぜひぜひ見たいものです。
そういえば、アンディがご多忙だったころのDVD、「スター伝説」を
借りて以来、全然借りてないなあ・・・。
by れいりん (2006-12-11 23:07) 

まなてぃ

こんばんは、のんたんさん。(^^)
アンディ・ラウは3ヶ月くらい前に日本に映画のプロモでやってきていて、
笑っていいとも!(^^;;)に出演し、クイズにも参加し、映画の2枚目ぶり
とは全く違った、テレ屋でシャイな人の良い感じのする俳優さんでした。(笑)
私にとって彼の作品といえば『インファナル・アフェア』でしたねぇ。
悪役なのに切なくて・・格好いい。(^m^)フフフ
この『墨攻』も、来年公開予定みたいですね。チャンスがあったら
ぜひ!観てみたい。
by まなてぃ (2006-12-11 23:31) 

のんたん

とよっち様
こちらでは一足先に公開だったんですね。
お話自体は「10万人の敵に1人で挑む」攻防戦にまつわるあれこれ・・・
と単純ではありますが、ぜひぜひアンディの渋さをご堪能くださいませ!

param様
本当ですねえ!いやー、アンディ若いです!
王志文、やっぱり大陸では大俳優なのでしょうか・・・?彼は脇役でも時に
主役を食うくらい印象に残る演技をされますよねー。
墨攻も機会があったら、ぜひご覧くださいね。

飛狼様
ハイ!ずっと予告でやってて、行かねばーと思ってたんですけど
時間があったので早速その日の夜に行ってしまいましたっ!!
漫画のファンも多かったようで、いろんな人が見に来てましたよー。
飛狼さんの記事で見ていましたが、日本でも公開が待ち遠しいですね♪

れいりん様
墨家は歴史上のモノですが、この映画自体は特に歴史モノではなくて
簡単に言えば大国に攻められようとしてる小国のお話、っていう戦いの話が
メインだと思います。それに愛やら何やらちりばめたようなー。
だから難しく考えなくても全然OKです。私も日本語字幕さえあればー・・・
馬で駆け抜けるなど、あれは映画館ならではの迫力かもしれないねえ。

まなてぃ様
アンディ、いい人ですねえ~!大スターなのにファン思いで、サービス精神
旺盛ですばらしい。「インファナル・アフェア」では私は泣き濡れた子犬のような
目をしたトニー・レオンのほうが好きだったんですけど、まなてぃさんは!?
「暗戦」ってDVDになってるのかなあ。この映画のアンディもよかったですよ。
確かこれで初めて香港のアカデミー賞?最優秀男優賞を受賞したような・・・
「墨攻」アンディの魅力を堪能できることは間違いないです~♪
by のんたん (2006-12-12 09:06) 

れいりん

まったくもって記事の内容からずれますが、私はアンディのほうが
すきだったけどインファナル・アフェアのあの悲しげな目のトニーを
見て、トニーいいなあ!と思った。
でも、アンディが笑っていいともにでてたなんて知らなかった・・・。
みたかったなあ・・・。
暗戦、確かうちの近くのTSUTAYAにあったと思います。あれ、
よかったですよね!
by れいりん (2006-12-12 20:04) 

こまちゃん

劉德華、駐在で大陸にイカされた時、香港映画で最初に気になった人。
見た目がかっこいいとかどうのこうのじゃなくて、演技や歌やアクション、日本にこんなの居るかいな?・・って考えたら、結構突出している俳優だと思いました。
それからは、中国に居た時にはCDやVCDを買い捲り、駐在を終えても渡航した時には、どっさりと買い込んでいました。2004年クリスマスの「自費で行ったファン感謝コンサート」は、原版が欲しくて香港から取り寄せました。
2月に広州へ行ったら、向こうのDVDをゲットしてきます。(6元(90円)だし)
後は、鄭則士。
あの「肥猫」って呼ばれてる丸くてデカイ人。
彼らの演技は。。来てますね。
by こまちゃん (2006-12-12 23:03) 

のんたん

れいりん様
トニーはなんたって目の演技がすばらしいですからね。
大英雄、覚えてますか?まだうちにビデオが残ってると思うんだけどな。
あれ、時々こっちでも放送されてて、トニーが秋波を送るシーンはその度に
期待しながら見てます。だって笑えるんだもーん。大好き。
アンディも素敵だけどすごく立派すぎてって感じもして。だからこのような
映画の中ではまた素敵に見えるのかもしれません。ま、みんなステキだわ。

こまちゃん様
確かに香港や台湾の芸能人は、日本の芸能人にはない幅の広さと懐の深さ
を感じさせるものがありますね。ケント・チェンですね?なかなか渋いです。
by のんたん (2006-12-14 18:30) 

れいりん

なんかわかったようなわからなかったような・・・。
字幕を読むのが大変だった
というのが正直な感想。
映画館で見れば馬で駆けるシーンとか迫力があったんでしょうね。

なくしたと思ってた原作も見つかったので、
読んでまた堪能したいと思います。



by れいりん (2008-11-09 17:34) 

のんたん

れいりん様
いやー、私が帰った時に映画館でやってたんだよねえ・・・すまんねえ!
字幕、日本語でも読むの大変だったんだ。じゃ、私もっと大変だよ。
実はほんとに分かってなくて、後から人に確認するのが大変だったの。
えー、それじゃ全然分かってないじゃん!って笑われるくらいでした。
だからこそ、馬で駆けるシーンが分かりやすく素敵に見えたかもね(笑)
でも今見ても、このアンディのポスターかっこいいな。はは。
by のんたん (2008-11-10 02:12) 

れいりん

すげー薄い本なのですが、ようやく読み終わりました。
1週間近くかかったよ。てへ。

でもね、えっ?ていうようなラストで、よくあの原作から
あんな壮大な映画ができたなあ、と思った。
あれ、映画を見てなきゃ、全然頭の中にはいってこない。
(私には・・・ね)
映画、やっぱかっこよかったですよ、うん。











by れいりん (2008-12-01 21:37) 

のんたん

れいりん様
じゃ、映画作った人がすごかったってことですね。
確か日中韓合作だったような。いや、日本制作だったけ。
・・・覚えてません。
漫画原作なんですよね。確か。いやこれも嘘っぱちかもしれません。
その小説は、映画からノベライズされたのでは。そういうのはおもしろく
ないと思われます。ほら、ツインピークスしかり・・・
by のんたん (2008-12-03 03:04) 

Cialis 20 mg

沒有醫生的處方
cialis without a doctor's prescription http://kawanboni.com/ 200 cialis coupon
by Cialis 20 mg (2018-04-14 08:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます